matusou
  • 無料見積り
  • 無料サンプル申込
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • お問い合せ

タイルカーペットの組み合わせ方法!オフィスのイメージを決める組み合わせ術を紹介|総合インテリア通販サイト【松装】

タイルカーペットの組み合わせ方法!
オフィスのイメージを決める組み合わせ術を紹介

オフィスのイメージを決めるタイルカーペットの組み合わせ術
オフィスを占める床の面積は想像以上に大きく、タイルカーペットの組み合わせひとつで印象はがらりと変わります。
近年のタイルカーペットには多様なデザインやカラーがあるため、レイアウトにこだわることでオフィスイメージを向上させ、生産性アップを狙うことも可能です。
ここでは、オフィスイメージを決めるタイルカーペットのレイアウト方法をご紹介していきます。

■タイルカーペットのレイアウトはオフィスの雰囲気を決める重要なポイント!

メンテナンス性の良さや騒音対策から、タイルカーペットを導入しているオフィスは多くあります。
機能性に優れたタイルカーペットですが、実はレイアウトがオフィスに与える影響は単なるインテリア性だけではありません。
タイルカーペットのレイアウトにこだわるとオフィスの雰囲気が変わりますが、次のような要素にも大きな影響を与えます。
  • ・風土や文化
  • ・仕事環境
  • ・生産性
  • ・創造性
  • ・ブランディング
  • ・採用
  • ・コスト
オフィスの雰囲気は企業の成長にも関わる重要なポイントです。
オフィスイメージを左右するタイルカーペット導入時は、企業の経営理念や方針、職種に適したレイアウトを採用できるよう心がけてください。
具体的には、製品の組み合わせ方や貼り方、色に重点をおくことがおすすめです。
以下では、床の色がオフィスに与える影響とおすすめのエリアをご紹介します。
与える影響 おすすめのエリア
ナチュラルカラー
グリーン、ブラウン など
癒やしや心の落ち着き デスクワークが多い執務エリア
休憩のためのリフレッシュスペース
アースカラー
グレー、エンジ、ネイビー など
コールドカラー(寒色) 意識や思考の切り替え 人の移動が盛んな執務エリア
エントランスや廊下
ビタミンカラー
レッド、オレンジ、イエロー など
意欲や発想力を刺激 クリエイティブ性が求められる執務エリア

■多くのオフィスで使用されるタイルカーペットのレイアウト

ベーシックなレイアウトは他のインテリアに干渉しにくく、集中が散漫しにくいオフィスを実現できます。
オフィスで採用されやすい、定番のタイルカーペットのレイアウトをご紹介します。
多くのオフィスで使用されるベーシックなタイルカーペットのレイアウト

◇東リ「GA-400シリーズ」の単色使用

タイルカーペットで定番のGA-400シリーズを1種類のみ使ったレイアウトは、オフィスの床をシンプルにまとめられるレイアウトです。
単色使用では、アースカラーで落ち着いた雰囲気を演出できるグレー系に人気が高まっています。
GA-400シリーズは変色や退色が少ない原着ポリプロピレン製で重歩行用のため、日が差す場所や歩行量の多い通路にも安心して使用できる点が魅力です。
カラーラインナップは無地20色のほか、ストライプIの3色、ストライプIIIの9色(GA-400Sシリーズ)、ランダムストライプの4色(GA-400RSシリーズ)があります。
東リ タイルカーペット「GA-400シリーズ」はこちら

◇松装オリジナルの「タイタン」で簡単施工!

松装オリジナル商品のタイタンを使ったレイアウトは、単色使用・複数色使用ともに落ち着いた雰囲気を演出できます。
中歩行用のDA-M600シリーズ、重歩行用のDA-M1100シリーズは、いずれもナチュラルカラーが中心の各10色展開です。
タイタンはのり付きタイプで接着剤不要のため、施工効率を大幅にアップさせられる点が魅力です。
歩行量の多さに合わせて2種類のシリーズから選べるため、エリア別で商品を使い分けると、自然に複数色を組み合わせたレイアウトになります。
松装オリジナル タイルカーペット「タイタン」はこちら

■ITベンチャー企業におすすめの風土を作るレイアウト

ITベンチャー企業におすすめの風土を作るタイルカーペットのレイアウト 複数色やストライプを組み合わせたレイアウトは、独自性とインテリア性を両立できます。
以下では、風土やクレドを重要視するITベンチャー企業におすすめのタイルカーペットのレイアウトをご紹介します。

◇サンゲツ「NT-350」で思い通りのレイアウトを!

アースカラーやナチュラルカラーに加え、ビビットな原色も多いNT-350は、全41色のカラー展開です。
カラーバリエーションが豊富なため、組み合わせ次第で思い通りのレイアウトを実現できます。
たとえば、明度の高いNT-345(レッド)やNT-357(オレンジ)、NT-359(グリーン)は差し色に使いやすく、雑味のないNT-314(ブラック)は引き締まったレイアウトに有効です。
クリエイティブで独創的な風土を再現できるよう、型や枠組みにとらわれないレイアウトを考えてみましょう。
サンゲツ タイルカーペット「NT-350」はこちら

◇サンゲツ「DT-4050」で高デザイン性!

タイルカーペット内にチェック柄が入ったDT-4050は、ブラウン×ブラック(DT-4057)、ベージュ×レッド(DT-4058)、グリーン×ブラウン(DT-4059)の全3色展開です。
ランダム貼りすることであえて柄を強調させたり、チェック柄をつなげることで一体感を出したりと、レイアウト次第でおしゃれなオフィスを作ることが可能です。
DT-4050を使用すると取り入れるカラーが増えてデザイン性とにぎやかさがプラスされるため、導入するエリアをよく吟味することが大切です。
サンゲツ タイルカーペット「DT-4050」はこちら

■高級感あるタイルカーペットでブランドイメージを作る!

高級感あるタイルカーペットでブランドイメージを作るレイアウト ダークカラーや重厚感のあるタイルカーペットは、オフィスに高級感を与えてくれるデザインです。
高級感のあるタイルカーペットを使用するとオフィスデザインからブランドイメージを作ることもできます。
ブランド力を重視する企業は、以下のタイルカーペットを使ったレイアウトで職場の一体感を高めていくことがおすすめです。

◇サンゲツ「DT-8500」でシックな高級感を!

サンゲツDT-8500は、1枚のタイルに濃淡が効いたデザインが特徴で、全6色展開です。
6種類とも高級感のあるカラーリングでブランドを再現しやすいですが、ダークカラーでオフィスが暗くなりやすい特徴があります。
導入時は壁や天井、他のインテリアなども含めて、職場にふさわしいレイアウトになっているかよく確認してください。
サンゲツ タイルカーペット「DT-8500」はこちら

◇シンコール「プロムテープ」でスタイリッシュに!

1枚のタイルカーペットに異なる色のグラデーションが入ったシンコールのプロムテープは、オフィスをスタイリッシュに演出できます。
カラーバリエーションは暖色系と寒色系の相反する2色ですが、異なる2種類が絶妙にマッチするため、同時使いのレイアウトもおすすめです。
2種類を使用する際は境界が明確になりやすいため、ゾーニングに活用するなどの工夫を取り入れることがおすすめです。
シンコール タイルカーペット「プロムテープ」はこちら

■まとめ

タイルカーペットはレイアウト次第でオフィスイメージを向上させ、日々の業務にもプラスの効果を与えてくれます。
オフィスデザインでは、タイルカーペットの色や組み合わせがオフィスに与える影響を考慮して、各エリアにあったレイアウトを採用することがおすすめです。
ちなみに、オフィスの床のカラーが変わると光の反射などから明るさや開放感にも影響が出てきます。照明やインテリアにあまり予算をかけられない場合、床のデザインを見直して環境を改善していくなどの工夫もおすすめです。
企業が目指すスタイルに合ったタイルカーペットを組み合わせて、理想のオフィスを実現しましょう。