matusou
  • 無料見積り
  • 無料サンプル申込
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • お問い合せ

毛足が長いタイルカーペットのメリットとデメリットとは?おすすめのシチュエーションを紹介|総合インテリア通販サイト【松装】

毛足が長いタイルカーペットのメリットとデメリットとは?
おすすめのシチュエーションを紹介

毛足が長いタイルカーペット
お部屋に一枚敷くだけでインテリアのアクセントになり、住み心地を格段に良くしてくれるタイルカーペット。正方形のパネル状になっているため、カラーや柄を組み合わせたり、並べ方を変えたりして、お部屋のインテリアを好みに合わせて簡単にデザインができるのも人気の理由です。
現在では様々な種類の色やデザイン、厚みのタイルカーペットが販売されていますが、今回はその中から、毛足の長いタイプについてご紹介してまいります。
毛足の長いタイルカーペットには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。またその注意点などは何でしょうか。最後におすすめの商品を厳選して5つご紹介いたしますので、ぜひそちらもご参考になさってください。

■タイルカーペットの毛足が長いことによるメリット・デメリット

タイルカーペットの毛足が長いことによるメリット・デメリット まずはメリットやデメリットについてご紹介してまいります。

◇メリット

毛足が長いことのメリットは、高級感、肌触り、断熱効果などです。

・高級感がある

まず大きなメリットはその高級感です。毛の長さと高級感は比例するとも言えます。毛足の短い薄いタイプでは少し寂しい感じがしてしまいますが、毛足の長いものであれば、多少デザインが単調でも、しっかり存在感があって、お部屋全体に高級な雰囲気を漂わせることができます。

・肌触りがいい

肌触りが良いことも見逃せないポイントです。足で踏んだ感触や、横に寝転がった時のふかふかな感触はとても気持ちがいいものです。

・ホコリが立ちにくい

毛足が長い分、ホコリを吸着し空気中に舞い上がりにくくさせるダストポケット効果が見込めるという、実用的なメリットもあります。さらに音を反響させにくくするので、防音効果も期待できます。

・断熱効果

短い毛足のものと比べると、保温効果が高く、冬場も暖かく過ごせます。それに熱が逃げにくい分、電気代の省エネ効果などにもつながります。夏の暑い季節でも通気性に優れている商品であれば、さらっとした肌触りで快適に過ごせます。

◇デメリット

続いて毛足の長いタイルカーペットのデメリットについても見ていきましょう。

・掃除がしづらい

毛足の短いものに比べると、少し掃除がしにくいところがあります。ゴミなどが奥まで入り込んで掃除機で吸い取りにくくなってしまうためです。根元に溜まったゴミを吸い取るように、様々な方向から掃除機をかけてあげるようにするのがポイントです。

・色彩やデザインが限定される

毛足の長いものの方が、商品数や種類が少ない傾向があります。また細かい柄を毛足で表現しにくくなるため、デザインの選択肢も若干少なくなります。

・細やかなデザイン配置が難しくなる

毛足の長いタイルカーペットの場合、その長居毛足が隣り合うカーペットとの境目をぼかしてしまうため、色々なデザインやカラーを組み合わせてカラフルにしようとしてもあまり上手くいきません。色々な種類を組み合わせたい時は、境界面がはっきりしている毛足の短いものの方がおすすめです。

・毛がへたってしまう可能性がある

家具などを長期間置いていると、毛がへたって、その部分が目立ってしまう可能性があります。そういう時は、コームなどを使って毛をしっかりほぐしてあげるとボリュームが復活させましょう。さらにスチームアイロンやスチーム掃除機など、スチームを併用すれば、しっかり元のボリュームに戻りやすくなります。

■毛足の長いタイルカーペットがおすすめのシチュエーション

毛足の長いタイルカーペットがおすすめのシチュエーション 以上のようなメリットとデメリットを踏まえて、毛足の長いタイルカーペットがおすすめなシチュエーションは、高級感を出したいお部屋や、頻繁に掃除が必要ではないお部屋が最適だと言えるでしょう。つまり以下のようなお部屋です。

・応接間
・歩行量の少ないお部屋
・ゴミなどが散らかりにくいお部屋

なんといっても最適なのは応接間などお客様用のお部屋です。お部屋にとてもゴージャスな雰囲気が出て、ゲストがくつろいでもらうのに最適。逆に言えばリビングなどといった人の行き来が多い部屋や、子供部屋にはあまり毛足の長いタイプは向きません。

■おすすめの毛足の長いタイルカーペット

松装の商品の中から、毛足の長い商品を5つご紹介いたします。それぞれ個性的な特徴がありますので、お部屋にどういった雰囲気を出したいかをイメージしながら見ていきましょう。

◇ソフティライン-プレーン-(川島織物セルコン)

ふんわりとソフトな肌心地の、シャギー調のタイルカーペットです。すべてが一枚になっているタイプだとお掃除が大変ですが、タイルカーペットならば汚れてしまった部分だけをお掃除したり交換したりすれば良いだけなのでお手入れがとても簡単。カラーラインナップも7種類と豊富で、お部屋の雰囲気に合わせて選べます。
「川島織物セルコン・ソフティライン-プレーン-」はこちら

◇アタック550 ノマギー(東リ)

どこか牧歌的なニュアンスがある、深みのある色調が可愛いらしい商品です。北欧風のお部屋や、ヴィンテージ風のお部屋におすすめです。また他と比較すると毛足も短めなので、ゴミなども取り除きやすく、お子様のプレイルームなどにもおすすめできるタイプと言えるでしょう。
「東リ・アタック550 ノマギー」はこちら

◇R-3000 フローラル(スミノエ・ラグラグ)

毛足の長いタイプはなかなか細かなデザインが施されたものが少ないのですが、こちらは珍しく、お花の柄があしらわれている商品。フローラル柄がお部屋全体にエレガントな雰囲気を演出してくれるばかりか、少々の汚れならば目立たなくしてくれる効果もあります。
「スミノエ・ラグラグ・R-3000 フローラル」はこちら

◇ソワレ スクエア2400(東リ)

まるで綿のようにふんわりとした、肌当たりのとても良い商品です。パイル生地はスムーズ加工がされているので、ずっと触っていたくなるような心地良さ。上質感のある光沢と、十分なボリュームでゴージャスな雰囲気を演出します。それでいてゴミやホコリも取り除きやすいのも特徴です。
「東リ・ソワレ スクエア2400」はこちら

◇R-9000 シバフ(スミノエ・ラグラグ)

こちらは芝生風のデザインがほどこされた商品です。バルコニーなどに敷けば、まるで人工芝を敷いたようにも見えますし、かといって本物の人工芝のように硬いわけではないので十分お部屋の中にも使えます。厚みがしっかりあるので、ハウスダストが舞い上がることを防げますし、アレルギー対策も期待できます。
「スミノエ・ラグラグ・R-9000 シバフ」はこちら

■まとめ

今回は毛足の長いタイルカーペットのメリット・デメリットと、おすすめ商品を5つご紹介いたしました。
毛足の長いタイプは、床に敷けばお部屋の印象がゴージャスなものとなるので、手軽な模様替えアイテムにおすすめです。少々お掃除がしにくいというデメリットはあるものの、タイルカーペットならば汚れてしまってもその部分だけ取り替えたり、その部分だけ取り出してお掃除したりすることができるので、お手入れはそれほど大変ではありません。
ぜひお部屋の雰囲気を変えて、気持ちを一新してみてはいかがでしょうか。