matusou
  • 無料見積り
  • 無料サンプル申込
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • お問い合せ

カーテンが短い!ぴったりの長さに調節するためのテクニックを紹介!|総合インテリア通販サイト【松装】

カーテンが短い!
ぴったりの長さに調節するためのテクニックを紹介!

カーテンが短いときの調整方法
新たな物件への引越しやマイホーム購入、あるいは気分転換で部屋の模様替えの際などに購入を考えるのがカーテンです。部屋の面積の多くを占めるカーテンは、窓のサイズに適した寸法のものを使用すると部屋がきれいにまとまります。

ところが、購入したカーテンの丈が短かったり、そもそもサイズの測り方がわからないという方も少なくありません。購入後に後悔をしないよう、あらかじめ窓枠やカーテンレールに適したサイズを割り出し、適正サイズを選ぶことが大切です。

この記事では、カーテンのサイズの測り方をはじめ、短いカーテンを長くするテクニック、オーダーカーテンの魅力とおすすめ商品について解説します。

■カーテンのサイズは慎重に計測しよう

カーテンのサイズは慎重に計測しよう

カーテンには、あらかじめサイズが決められた既製品と、自分でサイズを指定するオーダー品の2種類があります。どちらを選ぶにしても、購入前にサイズの計測が必要です。

まずはカーテンサイズの測り方を確認しておきましょう。窓枠・カーテンレール・フックの種類や、カーテンの使い方によって多少の違いはありますが、ここでは基本の測り方について解説していきます。

サイズを計測する前に、金属製のメジャー・脚立や踏み台・測った数値をメモしておくペンと用紙を用意しておきましょう。

◇高さを測る

最初に、適切なカーテンの丈を割り出すために高さを測りましょう。機能レールでも装飾レールでも高さの測り方は同じです。

床面まで窓がある掃き出し窓は、カーテンレールのストッパーの穴から床までの高さを測ります。その数値から、1センチ程度マイナスして短くしたカーテン丈を選びましょう。多少短くすることで、床に擦れて傷んだりホコリを巻き取るのを防ぎます。なお、レースカーテンは厚手のカーテンより、さらに1センチ短いものを選びましょう。

窓下に壁がある中窓や腰窓は、カーテンレールのストッパーの穴から窓枠下までの高さを測ります。その数値から、15〜20センチ程度プラスして長くしたカーテン丈を選びましょう。窓の下に置く家具などに干渉しない高さを考慮しながら決めるのがポイントです。遮光や遮音などのカーテンを使用したい場合は、長めのほうが効果が高まります。

◇横幅を測る

次に、横幅を測ります。機能レールも装飾レールも、カーテンレールの両端のストッパーのリング間を測るという基本は同じです。

機能レールの場合、カーテンレールの両端にそれぞれ固定されたストッパーのリング間の長さを測りましょう。装飾レールは1番外側の動かないランナーを見つけ、その両端の長さを測ります。装飾レールはこのストッパーが固定されていないデザインもありますが、その場合はブラケットより外側の任意の位置で採寸を行なうようにしましょう。

その計測した数値に3%〜5%程度プラスし、余裕をもって閉まるようにゆとりをもたせます。なお、形状安定加工かつ1.5倍ヒダのカーテンの場合に限り、7%のゆとりが必要になりますので、取り付けるカーテンの種類をしっかり確認しましょう。

また、フラットカーテンを使用したい場合、レール幅に対し、好みのゆとりをプラスした寸法で選ぶようにしましょう。

■短いカーテンを長くするテクニック

短いカーテンを長くするテクニック

きちんとサイズを測って購入したつもりが、実際にカーテンレールに取り付けてみると長さが足りないということもあります。そんなときのために、短いカーテンを長くするテクニックを覚えておきましょう。

カーテンは多少の長さ調整が可能なので、お気に入りのカーテンを引越し後の新居でも使用したい際にも有効な手段です。

◇アジャスターフックで調節する

カーテンを吊るすためのフックをアジャスターフックと呼んでいますが、カーテンレールに引っ掛ける側のフック部分を上下に可動させることで、約4センチ程度カーテンの長さを調整することができます。

カーテンレールには、レールを見せるタイプと隠すタイプがありますが、どちらのタイプでも上に動かすと覚えておきましょう。

◇カーテンの裾を伸ばして縫い直す

カーテンの裾は10〜15センチ程度を折り返し縫われていますが、この折り返しの縫い代をほどけばカーテンが長くなります。

そのままでは長すぎる可能性があるので、折り目をアイロンで伸ばし、好みの長さで縫い直すか、裾直しテープを使って固定しましょう。

◇カーテンの裾にトリムビーズやマクラメを付ける

カーテンの裾に、おしゃれなトリムビーズやマクラメを縫い付けて長さを出すのもおすすめです。花柄やハート柄など、さまざまなデザインが用意されているので、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

◇カーテンレールの位置を下げる

窓まわり自体を大きく動かすので少々難易度が高いですが、カーテンレールを取り外し、カーテンの長さに合わせて取り付け直す方法もあります。

ただし、カーテンレールを下げても取り付けられる場所を確保できるか、ネジをとめる箇所にカーテンとカーテンレールの重量を支えられるだけの強度があるかなど、事前にきちんと確認してから作業を行なうようにしましょう。

■オーダーカーテンならサイズぴったり!

オーダーカーテンならサイズぴったり!

高さと横幅を測り、窓に適した大きさを割り出し購入しようとしても、既製カーテンではちょうど良いサイズがみつからないこともあります。最近の住宅窓はサイズのバリエーションが豊富になっており、規格で決められたサイズから窓のサイズに近いものを選ぶ既製カーテンでは、該当する大きさの取り扱いがないことが増えたのが理由です。

そんなときにおすすめなのがオーダーカーテンです。オーダーカーテンであれば、丈・幅ともに1センチ単位で自由に決めることができるため、現代の多種多様な窓に合わせた希望サイズのカーテンを製作することができます。

気に入ったデザインのカーテンに求める機能が付いているとは限らないのも既製カーテンのネックですが、オーダーカーテンなら好みの素材とデザインの生地に、ウォッシャブルや遮光、防炎、防音、UVカットなど、必要な機能をオプションで追加することも可能です。

また、オーダーカーテンなら見えない部分まで丁寧に縫製されており、丁重で丈夫なので耐久性が高く、長く使うことができます。

なお、豊富なデザインと機能性が優れたカーテンを取り扱う松装では、用途にぴったりのオーダーカーテンを取りそろえています。なかでも、おすすめの商品を3つ紹介します。

◇スマイルネオ NEM281〜NEM628

松装オリジナルカーテン スマイルネオ NEM281〜NEM628
松装オリジナルカーテン スマイルネオ NEM281〜NEM628
高品質かつ低価格のオリジナルカーテン、スマイルネオは、松装の一番人気の商品です。遮光1級の機能性とともに、NEM281〜NEM628の全30カラーをそろえているため、あらゆる部屋に似合うカーテンを見つけることができます。
松装オリジナルカーテン スマイルネオ

◇ナチュリネ YKM66-2〜YKM66-3

松装オリジナル 天然素材カーテン ナチュリネ YKM66-3
松装オリジナル 天然素材カーテン ナチュリネ YKM66-3
麻の風合いと、さらっとした触り心地の麻混ドレープカーテン、ナチュリネは、天然素材のカーテンを探している方にぴったりです。透け感のある生地を使用しているため、柄のあるレースカーテンとのコーディネートも楽しめます。
松装オリジナル 天然素材カーテン ナチュリネ

◇遮光カーテン CS6344〜CS6363

手頃な価格の遮光カーテンを探している方におすすめなのが、松装オリジナルの遮光カーテンです。遮光1級と2級が用意されており、防炎・ウォッシャブルにも対応しているコスパの良さが魅力です。
松装オリジナル 遮光カーテン

■まとめ

窓にぴったりのカーテンを購入するためには、既製カーテンでもオーダーカーテンでも、購入前に必ず高さと幅を計測し、その寸法に合ったカーテンを選ぶことが大切です。

ただし、きちんとサイズを測っていても、実際に取り付けてみると長さが足りないといったことも起こりえるので、短いカーテンを長くするテクニックを覚えておくとよいでしょう。せっかく購入したお気に入りのカーテンを捨てることなく有効活用できます。

最近では住宅窓のサイズバリエーションが増え、既製カーテンではサイズが合わない窓も増えていますが、そんなときはオーダーカーテンがおすすめです。カーテンは部屋の印象を大きく変えるアイテムなので、適切なサイズを選び、空間コーディネートを楽しむようにしましょう。

松装のカーテンをより知りたい方はこちらからどうぞ。