カーテンの採寸方法・測り方|オーダーカーテンを激安価格で通信販売

カーテンやオーダーカーテンの採寸・見積り・注文方法

他の商品の採寸方法はこちらをご覧ください

お見積り、ご注文の前に

カーテンをお見積りの際には以下の内容をご指定ください

※記載内容は一般的なものであり、商品ごとに指定内容が異なる場合がございます。
※詳細は各商品の詳細ページにてご確認ください。

『重要』 オーダーカーテンをお見積り・ご注文の際は下記採寸方法を必ずご覧ください。
見積希望の方は必ず最後までお読みいただき、オーダーカーテン無料見積フォームからお送りください。

新築など、既にハウスメーカー等のカーテン見積が出ている方は見積書をFAXでお送りください。
必ず、お客様の満足いく見積金額でお返事いたします。

カーテンサイズの測り方(1箇所=レール1ヶ所分)

  • ※1箇所とはサッシ戸の数ではなく、カーテンレールの長さ分を1箇所(一ヶ所)として数えます。
  • ※計測メジャーは金属製の幅広で腰のある物を使用し、床からレール(下から上)に測ると正確に測れます。

カーテンの採寸方法

商品の取付け方法により、サイズの指定が異なりますのでご注意ください。

仕上がり巾(W)

カーテンレールの長さを測り、レール長さの約3〜5%程度のゆとりを加えたものを仕上がり巾(W)としてください。

※仕上がり巾についてはご指示いただいたサイズに耳の部分(メーカーにより異なり、左右各2.5〜3cm程)が加わりますので、ご了承ください。

カーテン仕上がり巾

装飾レールと機能レールのダブルの場合、ドレープ・レースのサイズは異なります。
ドレープ・レースそれぞれのレールの長さより算出してください。

仕上り丈(H)〔掃き出し窓〕窓の最下部が床面の位置まである窓

ランナーのカン下(ランナー穴内下側)から床までの長さを測り、1〜2cm短くします。

※ドレープカーテン:カン下実測寸法のマイナス1cm程度。
※レースカーテン:カン下実測寸法のマイナス2cm程度。

カーテン仕上がり丈「掃き出し窓」の場合と採寸位置

例). ドレープカーテン:180cm-1cm=179cm レースカーテン:180cm-2cm=178cm(ドレープカーテン丈より1cm短くします)
装飾レールと機能レールのダブルの場合、ドレープ・レースの高さが異なる場合があります。
ドレープ・レースそれぞれのレールの高さより算出してください。

仕上り丈(H)〔中窓・腰窓〕窓下に壁がある窓

ランナーのカン下(穴内下側)から窓枠までの長さを測り、15〜20cm長くします。

※窓下に飾り棚やテーブル・ベットなどおく場合は高さを考慮し丈の長さを決定します。
※遮光や遮音カーテンの場合は丈を長めに取る方が機能効果が大きくなります。

カーテン仕上がり丈「中窓・腰窓」の場合と採寸位置

例). ドレープカーテン:100cm+15cm=115cm レース:100cm+14cm=114cm(ドレープカーテン丈より1cm短くします)
装飾レールと機能レールのダブルの場合、ドレープ・レースの高さが異なる場合があります。
ドレープ・レースそれぞれのレールの高さより算出してください。

開け方と箇所数の数え方

箇所数について

  • 1箇所とはレール1本分のことです。サッシの枚数ではありません。
  • カーテンの〔両開き、片開き右寄せ、片開き左寄せ〕を決めてください。
  • 1箇所を片開き(1枚)か両開き(2枚)に指定します。
    どちらの場合も数は1箇所と数えてください。(両開きは1箇所2枚となります)

カーテンの開け方について「両開き」・「片開き(左寄せ)」・「片開き(右寄せ)」

カーテンの開け方をご指定ください。両開きを指定すると1箇所分の幅の1/2のカーテンを2枚でお届けします。

カーテンの開け方

例). 幅180cmの両開き指定=90cm+90cmの2枚でお届けします。

タッセルについて

ドレープカーテンは一部メーカーカーテンを除き、共生地のタッセル(上図のカーテンを束ねるバンド)が標準で付属します。

レースカーテンはタッセルが標準では付属しません。

※共生地のタッセルがの要不要は見積もり依頼時に指定ください。(タッセル付・タッセル無)

カーテンフックの選択

カーテンを吊るフックはレールのタイプや取り付け方により「Aフック」「Bフック」を指定してください。

カーテンレール別カーテンフックの選び方(例)

カーテンレール別カーテンフックの選び方

Aフック〔天井付け〕 カーテンボックス、装飾レールに使います
Bフック〔正面付け〕 一般レールを見えない様に隠すタイプ(正面から見るとレールは隠れます)

※装飾レール・一般レールの組み合わせでは、Aフック・BフックやAフック・Aフックとなる製品もありますので、ご使用になるカーテンレールの仕様をご確認ください

カーテンフックの種類

カーテンフックの種類

お届けするフックの種類は特別な場合を除きアジャスターフック(カーテン丈を微調整できるフック)でお作りします。

※AフックBフック共、カン下(ランナーの穴内部下側から)の寸法をお知らせください。
※総丈は、ご指定のサイズにAフック+1cm、Bフック+4cmを加算した寸法となりますので、ご了承ください。
※総巾は、ご指定のサイズに耳の部分+2.5〜3.0cm(メーカーにより異なります)が加わりますので、ご了承ください。

カーテンの縫製グレード

エコノミー 約1.5倍ヒダ、生地の使用量をおさえて子供部屋などに最適なお値打ちのオーダーカーテン
レギュラー 約2倍ヒダ、各メーカーの標準仕様で一般的に一番多い仕様のオーダーカーテン
ハイグレード 2倍ヒダ以上、縫い方、アジャスターフック、芯地などワンランク上の高級仕様オーダーカーテン
形態安定加工 オーダーカーテンのウエーブをいつまでも美しく保てる価値あるおすすめの加工

カーテンお見積り時の注意事項

お見積り・ご注文時は必ず上記記載の採寸方法・内容でご連絡ください

オーダー品は既製品とは違い、お客様による寸法指定の間違いによる返品交換はできません。
作成後のサイズ直し、仕様変更、オプション追加などは、実費にて承っております。

※商品によっては承ることができな場合がありますのでご注意ください。

防炎ラベル

防炎ラベルが必要な場合は無料見積依頼時にお知らせください。※防炎ラベル代は別途必要となります


※防炎ラベルは消防庁長官によって「登録表示者」として登録された業者以外による縫い付け、貼り付けは禁じられているので、後日発行は出来ません。

※不特定多数の人が出入りする公共的建造物(病院、診療所、助産所、老人福祉施設)などでは防炎物品の使用が義務付けられています。詳細については、最寄の消防署にお問合せください。

ご注意 ご指定のない場合は下記を優先してお見積りさせていただきます。

・縫製グレード→ メーカー標準縫製(通常はレギュラー)
・タッセル→ メーカー標準で付属の場合はタッセル有

商品の詳細は紹介ページのほか、メーカーサイトやデジタルカタログでもご確認いただけます。
別にご不明な点等ございましたら弊社までお気軽にお問合せください。

カーテンの採寸方法のPDF

カーテンの採寸方法

左の画像をクリックすると、閲覧・印刷に便利なPDFファイルが開きますので、採寸時にはこちらもぜひご活用ください。

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。

ダウンロードページへ
Adobe Readerダウンロードページへ
メーカーショールームのご予約承ります