ルーフシェード 折板屋根向け外断熱シート|カーテン、オーダーカーテンやブラインド、ロールスクリーン、カーペットを通信販売

カーテン【松装】TOPへ松装カーテンショールーム(東京、立川、横浜、埼玉大宮、埼玉浦和、千葉、浜松、名古屋、大阪、福岡、仙台、春日井)オーダーカーテンフロア・床壁紙(クロス)無料見積りお支払い方法Q&A会社概要特定商取引に関する法律(通信販売)に基づく表示サイトマップお客様の声松装(株)のブログアスワン/オーセンス川島織物セルコン/フェルタ五洋インテックス/インハウスサンゲツ/マイン(Mine)シンコール/アビタスミノエ/モードエス東リ/エルーアフジエテキスタイルのカーテンリリカラ/ファブリックデコブラインド木製ブラインド縦型ブラインドロールスクリーンプリーツスクリーンカーテンレールローマンシェードアコーディオンドア
ルーフシェード

Q.ルーフシェードって何?

A.低価格&短期施工で実現可能!屋根の上に日陰を作る折板屋根向け遮熱対策製品です

最近ではプレハブ構造の建築物が増え、多くの工場や店舗が折板屋根を使用しています。折板屋根は金属製のため、夏場の室温急上昇が悩みの種。そんな夏の暑さ問題に頭をかかえる工場や倉庫、店舗の省エネ・節電対策にオススメの製品がコレ!
遮熱効果のあるシートで折板屋根を覆い、屋根表面に日陰を作る断熱工法の「ルーフシェード」は、屋根材の温度上昇を抑えることで室内温度を低下させ、空調の消費電力の抑制を可能にしました。経済的で快適な環境をご提供します。

屋根に日陰をつくり断熱を行います
年間電力負担削減率36.2%を記録

夏場の工場・倉庫の労働環境を快適にし、働く人達を熱中症から守ります。 また、空調設備の消費電力の削減は、経済的なエコ効果だけでなく、CO2排出量削減といった環境面でのエコにも繋がります。昨今の日本において環境問題の取り組みは必要不可欠。改正省エネ法により環境問題への取り組みが必要となる企業にもお勧めです。

熱中症対策と省エネ対策が同時にでき、環境問題にも貢献できる、折板屋根向け遮熱・外断熱工法です

空調の稼動を抑えることで二酸化炭素の排出量を削減し、環境に配慮

抜群の遮熱効果で夏場の室温上昇を抑制し、快適な作業空間を確保

空調の消費電力を抑えることで電気料金削減!!夏場は大幅ダウン可能

金属製折屋根から発生する雨音の騒音を約19dB低減

【日よけシート「ルーフスクリーン」の機能】
ルーフスクリーンは、ポリエチレン製の強力なメッシュシートの表面にステンレス薄膜蒸発「masa加工」を施した遮熱性・耐久性・静電性に優れた特殊シートです。織幅30cmのメッシュ構造シートなので雨水が溜まらず、透水性・通気性・通風性に優れることで、ホコリ対策・除雪対策にも効果を発揮。

ルーフスクリーン
電気は不要!屋根に設置するだけで効果的に遮熱ができます

暑い夏場の金属製屋根は、直射日光から伝わる灼熱温により急激な室温上昇を引き起こします。折板屋根上の温度は60度以上にも達し、室温の上昇を抑えるための冷房設備の消費電力は企業経営を圧迫するばかり・・・。夏の節電対策は冷房コストをどれだけ抑えられるかが鍵になります。電気料金の高騰に頭を悩ませ、暑さを我慢して作業効率や安全性・品質を低下させてはいませんか?

ルーフシェードは低価格&短期施工が魅力!電気を必要としないため、空調の使用できない倉庫にもオススメです

【工場の仮想モデル】
床面積:400m2(20m×20m)/ 建物高:5m/ 工場内部:天井や間仕切りのない一室空間/ 場所:鹿児島県でのシュミレーション

月別負荷比較
消費電力の削減

仮想モデル試験(鹿児島県)では年間の消費電力負担削減率約36.2%の節電結果が実証。5月〜10月の夏季では約44.4%と、電力を大幅に削減でき、効果的な節電が見込まれます。

低価格

屋根材二重構造や高機能遮熱塗装工法に比べ、シートの張り替えのみなので、初期投資を大幅に削減できます。価格の有利さは無料お見積りにてご確認ください。
>>無料お見積りはこちらから

短期施工

1日あたり約500m2程度の施工ができます。専用ブラケットで挟み込みフレームを固定する施工方法のため、屋根に穴をあけたりビスを打つ必要がありません。取り外しも簡単で、移設の際にも部材を有効活用できるのが特徴。

優れた耐久性

保証期間は5年。実際の耐用年数の目安は10年〜15年と、非常に長持ち。(ただし、施工現場の環境により誤差が生じる場合があります)。 また、細幅のため風の抵抗を受けにくく、台風など過酷な環境にも対応した安心・安全設計です。

従来の工法に比べ、初期投資&ランニングコスト大幅削減

工場や店舗の省エネ・節電対策としてこれまで扱われてきた施工方法には、屋根材を二重構造にし内部にグラスウール等の断熱材を施す「屋根材二重構造」、屋根材に特殊塗料を塗布し太陽光線の赤外線を反射し吸収させ熱を低減する「遮熱塗装」、屋根にスプリンクラーを用いて気化熱によって温度上昇を低減させる「散水」のほか、「屋上緑化」「太陽電池」等があります。が、いずれも施工費用及びランニングコスト面を考慮すれば得策とは言いがたいのが現状・・・。

従来の施工方法

ルーフシェードはコストを抑え効果が長期持続できる新工法として工場・倉庫などの省エネ対策で注目を浴びています!

工法 価格 施工の簡易性 欠点
ルーフシェード 4000〜5000円(1m2あたり)
初期投資が低く、耐用年数が10年以上と長いためランニングコストが安く済む
工期が短い
シートの張替えのみのため屋根を痛めない
積雪量が30cmを超える豪雪地域では利用不可
屋根材二重折版 5000円〜10000円(1m2あたり)
初期投資が高い
工期が長い
重機・足場の設置・樋工事が必要になる場合がある
保温効果があるため、夜間も暑くなる
遮熱塗料 3000〜10000円(1m2あたり)
数年で塗り替えが必要になるため、ランニングコストが高くなる

工期が長い
屋根の助教によりした処理が必要になる

数年で経年劣化を起こし、効果が低減

※データはメーカー調べより

短期間で施工可能!撤去も部分補修もお手軽です

1日約60m2/1人で施工ができるため、施工費も抑えられ、低い初期投資で効果的な省エネ・節電対策が実現。屋根の穴あけ、ビス打ち不要なので屋根を痛めることはなく、雨漏れの心配もご無用。また、エアコンの室外機やアンテナが屋根の上にあっても、それら障害物をかわしながらシートの設置が可能です。

ルーフシェードなら店舗の営業や工場の稼動に対しても、ご迷惑を掛けることなく施工できます

ルーフシェード施工写真

折板屋根に専用ブラケットを取り付ける

矢印

ルーフスクリーン固定バーをセットする

矢印

ルーフスクリーンをインナーで仮止め

矢印

専用フレームカバーで最終固定

取付方法2 取付方法2
取付方法2 取付方法2
適応地域は日本全国!驚異の遮熱効果で施工実績拡大中

店舗・工場・倉庫内などの消費電力を画期的に削減。「遮熱塗料をしても数年で効果が薄れてしまった」、「散水を続けることで屋根が錆びてしまった」・・・といった、他工法で失敗を経験されている企業だけでなく、二酸化炭素削減のため環境問題に力を入れている企業にも採用実績有り。夏場の省エネ・節電に向け全国に施工実績が拡大しています。

2年間の累計施工実績138件(37,104m2)

施工例施工例施工例 ルーフシェードが施工可能な折板鋼板屋根材

【注意】積雪量が30cmを超える豪雪地域では、ルーフシェードはご使用いただけません。

ライン

施工面積、施工現場の住所などをお知らせください。工費を含めた概算のお見積りをさせていただきます。
その後、ご購入前提での採寸・現地調査にお伺いいたします。

無料見積 問合せ