特性・施工・メンテナンス 人工芝 東レ|フロアシートを激安価格の通信販売にてお届けいたします

カーテン【松装】TOPへ松装カーテンショールーム(東京、立川、横浜、埼玉大宮、埼玉浦和、千葉、浜松、名古屋、大阪、福岡、仙台、春日井)オーダーカーテンフロア・床壁紙(クロス)無料見積りお支払い方法Q&A会社概要特定商取引に関する法律(通信販売)に基づく表示サイトマップお客様の声松装(株)のブログオフィス用タイルカーペット家庭用タイルカーペットカーペットフロア・ビニル床タイルクッションフロアシートDIY壁紙(クロス)貼りDIYカーペットタイルの敷き方・貼り方DIYフロアタイル・ビニル床タイルの貼り方DIYガラスフィルムの貼り方ペット用クッションフロアタイルカーペット・ビニル床・フロアタイル等の通販ご利用にあたって
東レ爽快機能フロア 人工芝

東リ人工芝 ロールタイプ「レギュラーシリーズ・透水シリーズ・芝王」


東リ人工芝 「パネルタイプ・ジョイントタイプ」

人工芝(レギュラーシリーズ・透水シリーズ)


■人工芝施工について


 人工芝の前面接着による施工について ※人工芝の施工は全面接着を基準とします。

<1> 施工前の準備
1. 施工現場の確認
○形状・面積の確認
○下地の確認
  種類のチェック・乾燥状態のチェック・目地の位置のチェック
  勾配のチェック・不陸(凸凹)のチェック
2. 割付け
3. 施工用具の準備
<2> 施工に必要な材料と道具
1. 材料
・ウレタン系接着剤(トーヨーポリマー(株)ルビロン101・202)
・ルビロン用溶剤MEK
・専用ジョイントテープ
・不陸修正用樹脂モルタル
2. 道具
・巻尺
・直線定規(鋼尺)
・カッターナイフ
・はさみ
・チョークラインリール
・ケレン棒
・クシ目ゴテ(No.6)
・転圧ローラー(45kg程度)
<3> 施工上のポイント
1. 施工前に下地の平滑性を十分にチェックしてください。下地の表面状態によって接着剤の塗布量は大きく変わります。(下表参照)
商品 接着剤 メーカー 作業性 塗布量のめやす(g/m2)
オープンタイム(分)

芝の裏面が
平らなもの
芝の裏面が
凸凹なもの
20℃ (夏期)
30℃
以上
(冬期)
10℃
以上
平らな下地 凸凹な下地 平らな下地 凸凹な下地
人工芝 ウレタン系1液 トーヨーポリマー(株)
ルビロン101
20 10 30 あり 600 700 700 800
芝王 ウレタン系1液 トーヨーポリマー(株)
ルビロン202
20 10 30 あり 600 700 700 800
2. 下地に不陸(凸凹)があると底に水がたまり、人工芝損傷の原因になる可能性がありますので、大きな不陸は樹脂モルタル等で補修してください。
3. 下地を丁寧に補修した後、接着剤を塗布してください。ゴミやホコリ、土砂などが残っていると接着不良の原因になります。
4. 下地をよく乾燥させてから接着剤を塗布してください。下地に水分が残っていると、接着不良や人工芝の膨れの原因になります。
5. 下地が新しいコンクリートの場合、施工までに2週間程度の養生期間をとってください。養生の段階で発生するアルカリ性物質が接着不良の原因となります。アスコンの場合も、2週間程度の養生期間が必要です。
6. 人工芝の仮敷きのときに巻きぐせやしわを充分にのばすようにしてください。
7. ステンレス、FRP、サビ止め仕様の鉄には接着できませんので、ご注意ください。
8. 屋外用両面接着テープで袋貼りをした場合、素材の特性により収縮しますのでご注意ください。
9. 転圧はゆっくりと何度も行うようにしてください。
10. 2〜3時間後にもう一度同じように転圧を行ってください。
<4> 施工手順
1. 下地の清掃
・ゴミ、ホコリなどを完全に除去してください。
2. 割付け(スミ出し)
・ロスのないように割付けを行ってください。
3. 人工芝の仮敷き
・人工芝の巻きぐせやしわを充分にのばしてください。
・芝目の方向をそろえてください。
・端末は出隅、入隅にあわせて切り込みを入れ、施工場の形状に合わせてください。
4. ジョイントテープの貼り込み
・ジョイント部の人工芝を左右に開き、専用ジョイントテープを下地に貼り込んでください。
5. 接着剤の塗布
・所定の接着剤はクシ目ゴテを用いて所定量をていねいに塗布してください。
・ジョイントテープ上は特に塗布ムラのないように均一に塗布してください。
・夏期は接着剤の硬化がはやいのでご注意ください。
・接着剤を人工芝に付着させないようにご注意ください。
6. 人工芝の貼り込み
・接着剤塗布後、オープンタイム(夏期は短くなります)以内に、ていねいに貼り込んでください。
・ジョイント部は特に隙間の生じないように、ていねいに貼り込んでください。
7. 転圧
・ゆっくり何度も行ってください。
・転圧しても人工芝のしわやふくれがおさまらない場合は、その部分に砂袋などの重しをかけてください。
8. 人工芝の端末部の仕上げ
・カット作業をていねいに行ってください。
9. 点検・補修
・ふくれ、ジョイント部の接着不良などがないか、充分にチェックしてください。
10. 清掃
11. 養生
・施工後、エポキシウレタン系接着剤を使用した場合で冬期2日、夏期1日養生期間が必要です。

 人工芝を施工する場合の注意点

露出防水層に施工する場合は注意してください。
1. 防水層に直接施工する場合は改修のことも考え、施主に相談してください。
2. 軽歩行用途のみに行ってください。重歩行用途には絶対に使用しないでください。
3. 屋外用両面接着テープによる袋貼り施工は人工芝の伸縮によりシワが発生したりジョイント部分および端部が、開く場合がありますので、特に注意してください。
ジョイント部分は、必ず専用ジョイントテープを使用してください。
1. 専用ジョイントテープを使用しないと、人工芝の縮みによりジョイント部分が空き、ジョイント部分の人工芝を傷めるだけでなく、基盤の亀裂をおこす恐れがあります。ジョイント部保護の為にも必ず、専用ジョイントテープを使用してください。専用ジョイントテープは非粘着体ですから接着剤を併用してください。
「人工芝」ジョイントテープ
接着不良によるふくらみを防止する為にも”<3>施工上のポイント”をよく熟読して施工してください。
東レ人工芝を廃棄する場合は必ず市町村の条例に従ってください。

 透水性人工芝を施工する場合の注意点 (AWS・AWF・NWN)

<1> 施工前の留意点
1. 透水性人工芝の施工には、クシ目ゴテによる接着とスプレーガンの吹き付けによる接着の2つの施工方法がありますが、人工芝の透水機能を損なわない為には、スプレーガンの吹き付けによる接着施工をお奨めします。
2. 置き敷き施工も可能ですが、この場合は全面接着と比べ人工芝の劣化を早期に促進させることがありますのでご注意ください。
<2> 施工上のポイント
【クシ目ゴテで接着する場合】
1. 勾配の確認を行ってください。(最低3%傾斜が必要です。)
2. クシ目ゴテは目の粗いものを使用してください。
3. 所定塗布量を塗布してください。
※量が多くなったり少なくなったりしないように注意してください。
4. 水勾配に沿って目グシを入れて、水路を必ず確保するようも接着剤を塗布してください。
【スプレーガンの吹き付けで接着する場合】
1. 接着剤は溶剤による希釈をお奨めします。
2. 所定塗布量を全体にまんべんなく吹き付けてください。
※透水性能に影響を及ぼしたり、はがれの原因となったりしますので、塗布量には特に注意してください。
3. 風が強いときには、人工芝への接着剤の飛散を防ぐ為にベニア板で養生をして吹き付けをするようにしてください。
4. ジョイントテープ部分は必ず接着剤をクシ目ゴテで手塗りしてください。
※スプレーガンを使用する場合はさらに発電機・コンプレッサー・ノズル・養生用ベニア(風対策)が必要になります。

トレクール®


■トレクール®の特性


 優れた透水性と保水性を発揮

「トレクール」 優れた透水性と保水性を発揮

 優れた防滑性

「トレクール」 優れた防滑性

 土汚れがついても水洗いで落とせます

「トレクール」 土汚れがついても水洗いで落とせます

 耐薬品性でも強さを発揮

「トレクール」 耐薬品性でも強さを発揮
「トレクール」 施工前・施工後


■トレクール®の施工について


 施工する前に

■商品は平らな床面に施工してください。平らでない場合、浮きや反りの原因にあんります。また、床面に凹凸や突起物がある場合には、その場所を避けて施工してください。
■施工前には、床面のゴミや砂をきれいに取り除いてください。取り除きが不十分ですと防水層を傷つけ雨漏りの原因になります。
■床面で作業を行う際には、防水層に傷がつかないように特に注意してください。
■階下への避難口、ハッチ等の上に施工しないでください。
■施工後必ず残材、ゴミ整理・清掃を行ってください。残材が残っていると排水溝につまったり、防水層を傷める原因となります。

 施工上の留意点

<1> 平らな面に施工してください。平らでない場合、浮きや反り等の原因になります。また、床面に凹凸や突起物がある場合には、その場所を避けて施工してください。
<2> カットする場合は、表層タイルの目地に沿ってカッターで裁断してください。また下地が露出防水層(屋上、ベランダ等)の場合、防水表層は鋭利な刃物に非常に弱いのでカット作業は必ず作業台の上で行ってください。防水層を傷つけるとその部分が水漏れの原因となりますのでご注意ください。
※切断時にケガに十分注意して作業を行ってください。
<3> 施工後、寒暖の差による伸縮でジョイント部に「はずれ」または「突き上げ」が生じる恐れがありますので、その防止策として建物、柱や重量物・固定物の周囲(立ち上がり)から間隔をあけてください。
<4> トレクール®は風の影響を強く受ける場所では飛散する恐れがありますので使用は避けてください。
  1.戸建て住宅の屋上や中・高層住宅および一般建築物の屋上階
  2.立ち上がりのないバルコニー
  3.屋外プールサイド等
  ※使用場所についてはその都度、ご相談ください。
<5> 全面に敷き込む場合、端部は別売りの端部調整材(プラスチック製)で周囲との隙間を調整してください。
<6> 端部調整材をカットする場合は、カット面をサンドペーパー等で研摩してください。
<7> ジョイント部の嵌合はしっかりと行ってください。
<8> トレクール®を施工する際、ハンマーなどで叩くとタイルが割れることがあります。
<9> 階下への非難口、非難ハッチ等の上には施工しないでください。

■トレクール®の日ごろのメンテナンス・使用上の注意


 トレクール®の日常のメンテナンス

<1> トレクールが割れた場合はすみやかに清掃し交換してください。破片によりケガをする恐れがあります。また防水層を傷め、漏水の原因となる恐れがあります。
<2> タイルとタイルの隙間に詰まったゴミは掃除機で清掃してください。
ゴミが多い場合は、トレクールを外して清掃してください。
<3> 灯油がこぼれた場合は、トレクールを取り外して水洗いをしてください。あらかじめ、こぼれる恐れがある場合は、トレイを使用願います。
<4> 雨、ほこり等でタイル表面が汚れている場合は、タワシを使用して水で洗い流してください。また、回転ブラシを使用したり、温水高圧洗浄しますとさらにきれいに洗えます。

 トレクール®の使用上の注意

<1> 風の影響を強く受ける場所は飛散する場合がありますので、特にご注意ください。
<2> 燃えたり、変形しますので製品上で火を燃やしたり、加熱したりしないでください。
<3> 製品上に植木鉢等を落とす等の強い衝撃を与えないでください。割れたり変形する原因となりますので、ご注意ください。また、机や椅子をご使用の際には、机や椅子の脚に集中荷重がかからないように緩衝材を設けてください。
<4> 駐車場・ガレージ・駐輪場等で使用すると、割れたり変形したりしますので使用しないでください。
<5> 冬期には積雪や凍結によって滑りやすくなりますので歩行には特にご注意ください。
<6> トレクールはタイル表面が凹凸状の滑りにくい構造となっており、直接歩行するとストッキングなどが破れたり、やけどやケガをする場合がありますので、必ず履物を着用してください。
<7> 敷設面が小さな場合、急な過重がかかるとトレクール自体がすべったり、ユニットがはずれたりする恐れがありますので敷設面へのお子様の飛び出しには特に注意してください。
<8> コケ等が発生する恐れがありますので、トレクールの上には植木等を常設することは避けてください。
<9> 廃棄は市町村の条例に従ってください。

スパックウッド-エコ® SE2


 ■スパックウッド-エコ® SE2の施工上の注意点


 施工手順(スパックウッド-エコ® SE2)

【1】 ジョイント(嵌合)はすべて同じ方向もしくは、市松方向で行ってください。 スパックウッド-エコ SE2 施工手順【1】
【2】 ジョイント部分(凹凸)を重ね合わせて、指で上から強く押して、つなぎ合わせてください。 スパックウッド-エコ SE2 施工手順【2】

【3】 コーナー部分は、そのコーナーに合わせてノコギリでカットして仕上げてください。 スパックウッド-エコ SE2 施工手順【3】
【4】 施工時には、カベより若干の隙間をご設定ください。

※裏面のネジの取り扱いにご注意ください。

 ジョイント方法(スパックウッド-エコ® SE2)

●ジョイント(嵌合)A法【並列】
同じ方向に並べてジョイントします。
ジョイント(嵌合)A法【並列】

●ジョイント(嵌合)B法【市松】
 
タテ・ヨコ方向に並べてジョイントします。
ジョイント(嵌合)B法【市松】

 施工上の留意点(スパックウッド-エコ® SE2)

平らな面に施工してください。平らでない場合、浮きや反り等の原因になります。また、床面に凹凸や突起物がある場合には、その場所を避けて施工してください。
カットする場合は、ノコギリ・カッター・グラインダー・ジグソー等でカットしてください。
※切断時にケガに十分注意して作業を行ってください。
下地が露出防水層(屋上、ベランダ等)の場合、防水表層は鋭利な刃物に非常に弱いのでカット作業は必ず作業台の上で行ってください。防水表層を傷つけるとその部分が漏水の原因となりますのでご注意ください。
施工後、寒暖の差による伸縮でジョイント部に「はずれ」または「突き上げ」が生じる恐れがありますので、その防止策として建物、柱や重量物・固定物の周囲(立ち上がり)から間隔をあけてください。
出角・入角、重量物・固定物の周りの施工
風の影響を強く受ける場所では飛散する恐れがありますので使用は避けてください。
  1.戸建て住宅の屋上や中・高層住宅および一般建築物の屋上階
  2.立ち上がりのないバルコニー
  3.屋外プールサイド等
  ※使用場所についてはその都度、ご相談ください。
ジョイント部の嵌合はしっかりと行ってください。
階下への非難口、非難ハッチ等の上には施工しないでください。

■スパックウッド-エコ® SE2の日ごろのメンテナンス・使用上の注意


 スパックウッド-エコ® SE2の日常のメンテナンス

日頃のメンテナンスは、堅く絞った雑巾などで水拭きしてください。特に汚れのひどい場所は、中性洗剤を水で薄め、堅く絞った雑巾で拭いてください。デッキブラシなどは、表面を傷つける可能性がありあすので使用しないでください。
合成木材を使用していますので多少の収縮が発生します。製品にぐらつきが生じた場合は、定期的に木ネジを締めてください。
隙間に詰まったゴミは掃除機で清掃してください。ゴミが多い場合は、商品を外して清掃してください。
商品が破損した場合はすみやかに清掃し交換してください。破損により、ケガをする恐れがあります。また、防水層を傷め、漏水の原因となる恐れがあります。
灯油がこぼれた場合は、商品を取りはずして水洗いをしてください。あらかじめ、こぼれる恐れがある場合はトレイを使用願います。

 スパックウッド-エコ® SE2の使用上の注意

雨・雪等で製品表面が濡れている場合。ゴミ・埃等で製品表面が汚れている場合、また、冬期に製品表面が凍結している場合、すべりやすくなりますので、歩行には特に注意してください。
夏期の高温下では、製品表面が熱くなり、火傷する恐れがあります。また、直接歩行するとストッキング等が破れる場合がありますので、履物を着用してください。
製品上に植木鉢を落とす等の強い衝撃を与えないでください。割れたり変形したりする原因となりますので、ご注意ください。
机や椅子をご使用になる場合は、机や椅子の脚に集中荷重がかからないように緩衝材を設けてください。
燃えたり、変形しますので製品上で火を燃やしたり、加熱したりしないでください。
施設面が小さな場合。急な荷重がかかると製品自体が滑ったり、ジョイントがはずれたりする恐れがありますので、施設面へのお子様の飛び出しには特に注意してください。
駐車場・ガレージ・駐輪場等で使用すると、割れたり、変形したりしますので使用しないでください。
製品を廃棄する場合は、必ず市町村の条例に従ってください。


スパック®タイル(SG・TP・TF)


 ■スパック®タイル 施工上の注意点


 施工上の留意点(スパック®タイル(SG・TP・TF))

平らな面に施工してください。平らでない場合、浮きや反り等の原因になります。また、床面に凹凸や突起物がある場合には、その場所を避けて施工してください。
カットする場合は、ノコギリ・カッター・グラインダー・ジグソー等でカットしてください。
※切断時にケガに十分注意して作業を行ってください。
下地が露出防水層(屋上、ベランダ等)の場合、防水表層は鋭利な刃物に非常に弱いのでカット作業は必ず作業台の上で行ってください。防水表層を傷つけるとその部分が漏水の原因となりますのでご注意ください。
施工後、寒暖の差による伸縮でジョイント部に「はずれ」または「突き上げ」が生じる恐れがありますので、その防止策として建物、柱や重量物・固定物の周囲(立ち上がり)から間隔をあけてください。
出角・入角、重量物・固定物の周りの施工
風の影響を強く受ける場所では飛散する恐れがありますので使用は避けてください。
  1.戸建て住宅の屋上や中・高層住宅および一般建築物の屋上階
  2.立ち上がりのないバルコニー
  3.屋外プールサイド等
  ※使用場所についてはその都度、ご相談ください。
ジョイント部の嵌合はしっかりと行ってください。
階下への非難口、非難ハッチ等の上には施工しないでください。

■スパックウッド-エコ® SE2の日ごろのメンテナンス・使用上の注意


 スパック®タイル(SG・TP・TF)の日常のメンテナンス

日頃のメンテナンスは、堅く絞った雑巾などで水拭きしてください。特に汚れのひどい場所は、中性洗剤を水で薄め、堅く絞った雑巾で拭いてください。デッキブラシなどは、表面を傷つける可能性がありあすので使用しないでください。
合成木材を使用していますので多少の収縮が発生します。製品にぐらつきが生じた場合は、定期的に木ネジを締めてください。
隙間に詰まったゴミは掃除機で清掃してください。ゴミが多い場合は、商品を外して清掃してください。
商品が破損した場合はすみやかに清掃し交換してください。破損により、ケガをする恐れがあります。また、防水層を傷め、漏水の原因となる恐れがあります。
灯油がこぼれた場合は、商品を取りはずして水洗いをしてください。あらかじめ、こぼれる恐れがある場合はトレイを使用願います。

 スパック®タイル(SG・TP・TF)の使用上の注意

雨・雪等で製品表面が濡れている場合。ゴミ・埃等で製品表面が汚れている場合、また、冬期に製品表面が凍結している場合、すべりやすくなりますので、歩行には特に注意してください。
夏期の高温下では、製品表面が熱くなり、火傷する恐れがあります。また、直接歩行するとストッキング等が破れる場合がありますので、履物を着用してください。
製品上に植木鉢を落とす等の強い衝撃を与えないでください。割れたり変形したりする原因となりますので、ご注意ください。
机や椅子をご使用になる場合は、机や椅子の脚に集中荷重がかからないように緩衝材を設けてください。
燃えたり、変形しますので製品上で火を燃やしたり、加熱したりしないでください。
施設面が小さな場合。急な荷重がかかると製品自体が滑ったり、ジョイントがはずれたりする恐れがありますので、施設面へのお子様の飛び出しには特に注意してください。
駐車場・ガレージ・駐輪場等で使用すると、割れたり、変形したりしますので使用しないでください。
製品を廃棄する場合は、必ず市町村の条例に従ってください。


ニューベラコニー®(ND・NE)


 ■ニューベラコニー®(ND・NE) 施工上の注意点


 施工上の留意点(ニューベラコニー®(ND・NE))

平らな面に施工してください。平らでない場合、浮きや反り等の原因になります。また、床面に凹凸や突起物がある場合には、その場所を避けて施工してください。
カットする場合は、ノコギリ・カッター・グラインダー・ジグソー等でカットしてください。
※切断時にケガに十分注意して作業を行ってください。
下地が露出防水層(屋上、ベランダ等)の場合、防水表層は鋭利な刃物に非常に弱いのでカット作業は必ず作業台の上で行ってください。防水表層を傷つけるとその部分が漏水の原因となりますのでご注意ください。
施工後、寒暖の差による伸縮でジョイント部に「はずれ」または「突き上げ」が生じる恐れがありますので、その防止策として建物、柱や重量物・固定物の周囲(立ち上がり)から間隔をあけてください。
出角・入角、重量物・固定物の周りの施工
高い場所(マンションや屋上)で使用する場合は、強い風で飛ばされる恐れがありますので、エポキシウレタン系接着剤で固定してください。また、風が入って来る方向には、専用のフチを使用するようにしてください。
高い場所(マンションや屋上)で使用する場合
下地が露出防水層(ゴム系・ウレタン系・アスファルト系等)や鉄板・アルミ板・FRPの上では蓄熱効果によって、夏期に表面温度が75〜80℃まで上昇し、ソリが発生する場合があります。
シリコン系やオレフィン系の露出防水層やステンレス板では接着剤が着きませんのでそのような場所での使用は避けてください。
ジョイント部の嵌合はしっかりと行ってください。
階下への非難口、非難ハッチ等の上には施工しないでください。

※商品画像は出来る限り実物に近づけておりますが、コンピュータディスプレイの性質上、実際の色と異なって見える場合がございますので、ご了承ください。

【フロアシートのお届けについて】

配送会社の配送規定の変更に伴い、正反サイズでの配送はお受けできない場合もございます。
また、商品によっては複数個口に分けてお届けする場合もございます。
誠に申し訳ございませんが、ご了承下さいますようお願いいたします。
お気軽にお問い合せ・無料お見積りをご依頼ください。
無料見積 問合せ

フロア・床商品TOPカーペット&ラグマットTOPホーム・家庭用タイルカーペットTOPオフィス店舗用 タイルカーペットTOPフロアタイルTOP