ご質問・お問合わせはこちらから

パネルスクリーンの作り方 パネルスクリーンMGキット 松装オリジナル|オーダーカーテンを激安価格で通信販売

松装オリジナルパネルスクリーンMGキット
ミシンのほかに、必要な道具をそろえましょう
パネルスクリーンの組み立てスタート!まずは採寸から
1.取り付け場所で「製品幅(W)」と「製品高さ(H)」を採寸してから、
  キットを注文します
    ※取り付け位置に下地があることを必ず確認して下さい

掃き出し窓<正面付(窓枠の外側に取り付ける場合)>

製品幅(W):窓枠の外側寸法に60mm以上加算してください。
※製品幅(W)に対して生地幅は26〜44mm程度狭く仕上がります。
製品高さ(H):取り付け位置から床までの寸法から20mm程度差し引いてください。

掃き出し窓<天井付(窓枠の内側に取り付ける場合)>

製品幅(W):窓枠の内側寸法から10mm程度差し引いてください。
製品高さ(H):窓枠の内側寸法から20mm程度差し引いてください。
※製品高さ(H)には天井付ブラケットの厚み(5mm)は含まれませんのでご注意ください。

腰高窓<正面付(窓枠の外側に取り付ける場合)>

製品幅(W):窓枠の外側寸法に60mm以上加算してください。
製品高さ(H):取り付け位置から窓枠下までの寸法に100mm程度加算してください。

2.キットが届いたら、スクリーンに必要な布地の量を計算
  まずは「必要な幅」から計算します
3.幅の計算が終わったら、次は「必要な丈」の計算です
4.必要枚数生地を切っていきましょう
5.ミシンの準備はよろしいですか?縫製に入ります
a.サイド処理
・ロックの場合は、そのままフチをかがって下さい。
・三つ巻の場合、両サイドをそれぞれ20〜25mm程度の三つ巻にして軽くアイロンを掛けた後、内側から1〜2mmの位置を一本縫いで縫い付けて下さい。
b.トップ処理
まず、マジックテープ(布地用)を1枚のスクリーン幅にカットしておきます。
スクリーン生地を裏面に15mm折り返し、その上からカットしたマジックテープを重ねて
・マジックテープの上端から5mmの位置
・マジックテープの下端から5mmの位置
この二箇所をマジックテープと水平にまっすぐ縫いつけて下さい、
※マジックテープ(布地用)の両端が、スクリーンからはみ出ないように注意して下さい。
※マジックテープの上端部と生地の上端部の位置が揃うように縫製して下さい。
c.ボトム処理
生地の下地を40mmの三つ巻にして、軽くアイロンをかけてから、内側から2〜3mmの位置を1本縫いしてください。
※ラッピングウエイトバーを差し込みますので、差し込み口(図参照)を縫い付けないようご注意下さい。
d.ウエイトバーを入れる
スクリーンの下の袋部分に、ラッピングウエイトバーを差し込んで下さい。全てのスクリーンを同様にセットします。
6.本体を取り付けた後、生地を取付完成!
a.取付準備
2・3・4トラックはレールが1本ですが、5・6トラックはレールを2本使用しますので平行に取付けてください。 取付けの際は、ストップの入っている方が手前側にくるようにしてください。
(ブラケットはオプションです。別途お見積り願います)

b.スライダーバーのマジックテープ部にスクリーンのマジックテープ部を取り付けて下さい
c.バトン式の場合は、バトンフックにバトンをセットして完成です。