各種注意事項 カーペット総合 サンゲツ|カーペット・ラグマットを激安価格で通信販売

カーテン【松装】TOPへ松装カーテンショールーム(東京、立川、横浜、埼玉大宮、埼玉浦和、千葉、浜松、名古屋、大阪、福岡、仙台、春日井)オーダーカーテンフロア・床壁紙(クロス)無料見積りお支払い方法Q&A会社概要特定商取引に関する法律(通信販売)に基づく表示サイトマップお客様の声松装(株)のブログオフィス用タイルカーペット家庭用タイルカーペットカーペットフロア・ビニル床タイルクッションフロアシートDIY壁紙(クロス)貼りDIYカーペットタイルの敷き方・貼り方DIYフロアタイル・ビニル床タイルの貼り方DIYガラスフィルムの貼り方ペット用クッションフロアタイルカーペット・ビニル床・フロアタイル等の通販ご利用にあたって
サンゲツ・カーペット総合

各種注意事項|サンゲツ・カーペット総合

■選択上の注意

  • 歩行マークは歩行頻度に対する耐久性の目安です。用途に応じたカーペットをお選びください。なお、ピンヒールシューズはカーペットに負荷を与えますので、商品の選択には十分ご注意下さい。
  • 防止ダニ、抗菌などの表示は加工処理の有無を示しています。カーペット等、内装材だけでお部屋を完全に防ダニ、抗菌にすることはできません。お掃除や換気など、日常のメンテナンスに配慮してください。また、人体に影響の少ない薬剤を使用していますが、乳幼児が誤って口に含むことのないようにご注意下さい。
  • ウールやアクリルなどに代表される紡績糸使いのカーペットは遊び毛が出ますが、これは品質上の欠陥ではありません。遊び毛の出にくいカーペットを望まれる場合はナイロンやポリプロピレンなどフィラメント糸を素材としたものやループパイルのカーペットお選びください。
  • パソコンの画面の見本や、デジタルカタログのの見本、サンプル帳の見本と製品の色が異なる場合がありますが、ご了承ください。
  • 濃色のカーペットはチリやホコリが目立ちますのでご留意下さい。
  • カーペット(特にタフテッドカーペット)は、巾方向に若干の蛇行が見られます。織り構造の商品がもつ製法上の特性としてご理解下さい。

■保管上の注意

  • 運搬途中で折らないでください。折りジワが残ったり、施工後の「伸び」の原因となる可能性があります。
  • カーペットは梱包を解かずに、平坦な場所に寝かせて保管し、上にものを積載しないでください。また雨水などによる水漏れを避けてください。変形、変質、変色、汚染、弛みやパイルのへたりなどの原因になります。

■施工上の注意

  • 下地から絶えず湿気の上昇がある場所では使用を避けてください。施工後に臭気が発生するおそれがあります。
  • 梱包紙に記載されている品名、品番、ロット、数量をご確認の上施工を開始してください。同一床面上は同ロットで仕上げて下さい。「サンオスカーII」「サントパーズ」「サンライム」「サンモーリス」などの後染め商品をジョイントする際は、色違いを防ぐためにロールの端部分と端部分で継いで下さい。
  • 天然素材であるウールは紫外線や酸素に触れることで、開封後すぐに若干の色変化を起こします(晒し現象)。ジョイントする場合は、同一床面は同日中に仕上げ、数日に渡る場合はジョイント部分に覆いをかけるなどの対策を行って下さい。

■使用上の注意

  • カーペットのたわみ、めくれ、ジョイントのほつれなどが生じた場合は、即座に補修してください。放置しておくと全体に影響が及び、美観を損なうほか、転倒事故を招く可能性があります。特に階段でのたわみなどは、つまづきによる転倒事故につながりやすく、注意が必要です。
  • パイルがほつれた場合、ほつれの伝線を防ぐためにも、すぐにハサミでカットしてください。
  • カットパイルは使用中にパイルの方向が部分的に異なり、雲状のムラのように見えることがあります。「くも」現象やシェーディング(日陰・明暗)と呼ばれるものであり、パイルが長く、濃い色合いのカーペットに起こりやすい現象です。これはカットパイルの性質であり、品質の欠陥ではありません。特に天然素材パイルはご注意ください。
  • ウールやアクリルなど紡績糸使いのカーペットは、施工後しばらくの間、遊び毛が出ます。掃除機でメンテナンスを行ってください。
  • 長時間直射日光の当たる場所では、パイルが褐色を帯びたり、退色する可能性があります。必ずカーテン、ブラインドなどで日よけをしてください。
  • タフテッドカーペットに使用している合成ゴム(ラテックス)は臭いを発生させることがありますが、通常数日間十分な換気を行うことで解消されます。
  • 素材には固有の臭いがあります。特に新しく施工した際は臭いが発生しやすいので換気を心がけてください。
  • 木材など滑りやすい床面上に置敷きする場合は、すべり止めテープやすべり止めシートをご利用下さい。
  • 巻きぐせが残っている場合がありますが、時間の経過と共に解消します。
  • 結露水はパイルを変色させたり、カビを発生させる原因となります。こまめに喚起するなど結露を防ぐ工夫をしてください。
  • 天然素材である麻やウールは、素材の性質上、色落ちする場合がありますのでカーペットが汚染されて変退色を招く恐れがあります。
  • 家具のあしや、ハイヒールなどの突起物による局部荷重はへこみ後の原因となります。
  • 湿度が低いと静電気が発生しやすくなります。加湿器を使用するなど湿度調整を行って下さい。

■メンテナンスについて

  • 汚れはカーペット用の中性洗剤をご使用の上、叩くように拭きとってください。その後、洗剤を残さぬよう、固く絞ったタオルで水拭きしてください。塩素系の溶剤はパイルが変退色するおそれがあるので、ご使用を避けてください。なお、汚染物質によっては除去不可能な物もあります。
  • 汚れが付着したらできるだけ早く除去してください。時間が経過するほど除去しにくくなります。

 サンゲツ・カーペット総合のトップページヘ